精神科におけるアルバイト医師について知ろう

精神科医は常勤でもアルバイトでも責任があります

精神科医にも常勤の医師もいればアルバイトの医師もいます。常勤でもアルバイト出会っても精神科医である限りほとんど同じ責任があり、精神保健指定医を所持していればその傾向は尚強くなります。措置入院や医療保護入院があった場合には保健所に対して主治医として病状報告をしなければいけません。相談支援専門員や精神保健福祉士が行うケース会には参加を求められます。その際には、チームリーダーとしての役割が求められますよ。

精神科におけるアルバイト医師のメリット

しかし精神科においてもアルバイト医師を行うメリットもあります。アルバイト医師の場合時間が縛られないため常勤の医師と比べて自由が多いです。特に夜勤のみのアルバイト医師の場合にはその傾向が強くなります。他の医師との交流が少なくなるので、医師の間の人間関係を気にする必要もなくなります。そのため過度なストレスはかかりません。病院の忘年会やお花見には必ず招待されるので、そのような場では交流することが可能ですよ。

アルバイト医師のデメリット

アルバイト医師は常時病院に勤務していないため、常勤の医師との交流は少ないです。そのため常勤の医師からの様々な情報提供は少ないです。そのような訳で最新の医療情報を得にくくなります。常勤の医師の場合だと厚生年金や共済年金などの年金や雇用保険がかけられており、身分も安定していますが、アルバイト医師の場合だと身分は安定していません。その上に国民健康保険や国民年金などの公的な手続きは全て自分で手続きする必要がありますよ。

今の世の中、資格がすべて。医療関係の資格とやる気さえさえあれば、だれでも医師のバイトができるのです。