保育士になりたいあなたへ

保育士になるルートはどのようなものか

保育士になるには2つの方法があるので紹介します。1つは厚生労働省指定の養成学校(大学、短大、専門学校)の所定の課程を修了し卒業することです。特に短大以上の養成学校を選ぶことをおすすめします。専門学校でも保育士資格を取得できる学校はありますが、全ての学校ではないからです。もう1つは保育士試験に合格することです。これにはまず受験資格を満たすことが必要になります。学科の勉強については通信講座を利用すると良いです。独学での勉強が最もコストはかからずにできることですが、モチベーションを維持することの大変さや学習計画の維持の点でハードルが高いと言えるので、保育士になるには避けた方が良い方法だと言えます。

保育士の求人と待遇は

保育士の資格を取れたら就職先を探すことになります。保育士として仕事をする職場としては、公立や民営の保育園、託児所、児童養護施設、障害児通所施設、学童保育所などがあります。数もニーズも多いですから、求人数は多い職種であると思われます。一方、給与の面での待遇はあまり期待できない職種だと思われます。また、保育士資格と取るための実習先に採用されるケースもあります。求人情報だけではなく、資格取得の為の期間も大切にしたいところです。

保育士の仕事に向かうのにあたり

日々子どもたちと接しながら研鑽を積んでいくことになります。生の現場に身を置くことで、求人情報からは窺い知れないことを学ぶことができます。また、接している子どもたちから学ぶことも多いです。保育士になるには勉強だけではなく、そもそも子どもが好きという気持ちや、学びへの興味、努力が必要になります。給与面があまり期待できないとはいえ、こうした資質の部分で求められるものが高いと言えます。勉強と並行しての自分磨きも必要な職業です。

東京都内だけでも保育士の求人数は1000件以上あり、正社員はもちろんパート勤務などもあり育児経験も生かすことができるので今人気がある求人の一つです。